PC

AKA療法とは

腰痛の原因を探る検査の一つです。そして、治療としての技術でもあります。

この治療を行っている病院は少ない為、あまり知られてはおりませんが、徒手でアプローチします。一般的な整形外科では、腰痛の原因をレントゲンやMRIの画像診断、徒手における整形外科テスト法による診断、そして、患者さんの症状(痛みや痺れ)を総合して診断されます。その後、必要な薬を処方したり、ブロック注射などの処置を行います。
一方で画像やレントゲンなどには写らない疼痛などを見極めるためにはAKA療法使う事が有効です。
さらには整形外科等でレントゲンやMRIに異常があり診断(病名)されていても、痛み、痺れ、重だるさ等の多くにAKAを活用することができます。もし、仙腸関節の関節機能障害が原因であれば、症状は変化します。手術と言われた方でも、AKAを行う事で症状が改善して良くなっている方も多くいます。また、手術をしても痛みが変わらない方にも一度試してもらいたい治療です。反対にAKAを行っても症状が改善せずに手術が必要な方もおります。なので、検査的治療法とも言われております。

どんな治療?

AKA療法の治療の流れ

  • 仙腸関節の周囲の検査を行います。(徒手検査)
  • 仙腸関節に徒手でアプローチします。(施術)
  • 症状に合わせて各関節へアプローチします。
  • 構成運動や関節の遊びなど様々な動きを確認し正常にしていきます。(施術)
  • 最初に行いました検査を実施し
    変化を確認します。(徒手検査)

診療について

  • スポーツ外傷
  • AKA 療法
  • 酸素カプセル
  • 北海道初足病外来
  • 交通事故治療
  • スポーツ基地